ジャンク品せどりとは?

そもそもせどりとはどのようなビジネスモデルなのか?

 

最近雑誌などの副業記事でよく見る

「せどり」という言葉

どのような意味か皆さんは知っていますか?

 

せどりとは、安い商品を見つけてそれを購入して

Amazonやヤフオクなどで販売することです

 

例えばこの商品は先日リサイクルショップにありました

 

 

 

〇円で買ったのですが

ネット販売では〇円で売れました

そこから〇円くらいの諸経費が引かれて

手元には〇円残ります

 

それを地道に積み重ねていく

そんなビジネスモデルですね。

 

 

本のイメージが強いせどりですが

販売する商品やカテゴリによって

いろんな名前が付けられています

 

・ヤフオクで売るヤフオクせどり

・メルカリで売るメルカリせどり

・流行の商品を買うトレンドせどり

↑転売ヤーって言われるのはこの人達

・古本を仕入れして売る古本せどり

 

いろんな稼ぎ方があるせどりですが

どのせどりにも一つの共通点があります

それは「相場がすでに決まっているモノを仕入れする」ということです

 

利益がある商品だったら仕入れをすればいいし

無ければ仕入れをしなければいい

「後だしジャンケン」をずっとしているようなものです

 

失敗するリスクが比較的少なくて

最初は副業として3~5万円

上手くなってくると会社の本業の収入を越えることはザラです

そんな夢のあるビジネスモデルがせどりです。

 

 

 

 

「れいばん」がやっている「ジャンク品せどりとは?」

 

ジャンク品とはそもそも壊れている商品という意味です

 

そしてジャンク品せどりとは

壊れているモノ

もしくは

壊れていると思われているモノを

仕入れして販売するせどりです

 

このせどりの最大の特徴は

「利益率」と「リスクの少なさ」です

ゴミを直して販売しているわけですから当然利益率は高くなります

 

そして万が一仕入れをミスして失敗してしまった場合でも

仕入れ金額は一点数百円で済んでしまうので

大きなダメージは負いません

 

デメリットを言うなら

他のせどりよりも少しだけ手間が掛かる点

・自分で少し手直しをする過程

・商品をクリーニングする過程

この2つが入ってくるので

通常のせどりよりも時間が少し掛かります

 

昔の僕みたいに

「時間はあっても金は無い(゚∀゚)」

そんな学生時代を過ごしている人にはとくにお勧めです。笑

 

 

更新日:

Copyright© SEDORIYA , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.